チューブトップとデニムの夏コーデファッション

肩や胸元を大胆に露出したブラ付きのチューブトップは、セクシーになりすぎてしまうから、コーデが難しい、と思われがちです。
でも、デニムと合わせることで、ヘルシーな印象の夏コーデになるので、今年の夏はぜひ取り入れてみてください。

 

 

チューブトップにダメージジーンズを組み合わせると、いやらしさは全く感じず、カジュアルで爽やかなファッションになります。
白のチューブトップに鮮やかなカラーのスニーカー、カンカン帽のコーデで、とってもおしゃれな夏コーデに仕上がります。

 

 

もう少し女の子っぽさを出したい、という場合は、ボディラインを美しく魅せるスキニーデニムと合わせるのもおすすめです。
スキニーデニムとチューブトップのコーデには、高めのヒールを合わせると、女性らしい爽やかセクシーといった印象になります。

 

 

フリルが付いた甘めのチューブトップには、シンプルなデニムにスニーカーを組み合わせれば、バランス良く甘辛ミックスコーデになります。
合わせるスニーカーは、少し男の子っぽいスタイルやカラーのものを選ぶのがポイントです。

 

 

体にピッタリとフィットするブラ付きチューブトップをカジュアルに着こなすには、ボリュームのあるワイドデニムがピッタリです。
また、ワイドデニムの丈の長さはいろいろあるので、それに合わせて靴を選んでみてください。
例えば、7分丈のものは、シューズに白のソックスとを合わせるとトレンド感が出ます。
少し長めのものは、パンプスで足首をチラ見せするときれいにまとまります。
10分丈のものは重たく見えるので、とんがったシューズでヌケ感を出すのがおすすめです。

 

 

女性の夏ファッションで必須アイテムとなるのが、チューブトップやベアトップ、見せブラ、ブラトップでしょう。
しかし、これらのアイテムの違いや着方を理解していますか?「全部同じようなものなのでは?」と思っていたり、特に区別して着ていなかったりる人もいるかもしれません。
それでは、これらの違いについて紹介します。

 

 

「チューブトップ」は、ノースリーブでわきより下を包む筒状の服で、胸の上の部分はゴムでずり落ちないようになっています。
肩のストラップが取り外し可能で、キャミソールとしても着られるものも多いです。

 

 

「見せブラ」とは、インナーとしてだけでなく、ファッションとして見せることが目的でもあるブラです。
特徴としては、色や柄が下着っぽくなく、トップスからわざとチラリと見せたり透けさせたりすることが、ファッションとして成り立っているのです。
また、肩のストラップが取り外せるようになっており、デザイン性のあるものに付け替えて、服の一部として見せるのも見せブラの一種です。
例えば、ストラップを背中の部分でクロスにしたり、クロスした部分にモチーフがあしらわれていたり、ボーダーやカラフルなカジュアルなものだったり、パールやビーズなどゴージャスなデザインだったりと、たくさんの種類があります。

 

 

「ベアトップ」とは、胸よりも上の部分が開いている衣服を表すので、チューブトップもベアトップの仲間ということになります。
その違いを言えば、チューブトップはトップスだけですが、ベアトップはワンピースやドレスなど下半身までつながったものも含まれます。

 

 

「ブラトップ」は、タンクトップやキャミソールにブラのカップが付いた衣服で、下着としてだけでなく、スポーツウェアや普段のファッションアイテムとして取り入れる方が多くなり、人気になっています。

 

 

チューブトップの大人カジュアルなコーデ

チューブトップは、暑い季節は1枚でもおしゃれに着ることができますが、ブラ付きのものもあるので、インターとしても使うことができます。
どちらにしても、チューブトップをおしゃれに着こなすポイントは、ブラのように見せてしまうようなセクシー過ぎずるのはタブーで、上手に肌見せすることです。
ここでは、チューブトップを活かした大人カジュアルなコーディネートを紹介します。

 

 

ノースリーブでアームホールが大きく開いたトップスは、ゆるりとリラックス感が溢れてとてもおしゃれですが、アームホールからはインナーを見せる形になるので、組み合わせるインナーがポイントになります。
トップスがダークカラーの場合は、インナーをホワイトなどパッと明るいカラーにするのがおすすめです。
また、コンパクトなチューブトップで肌見せして、トップスとコントラストにすることで、いやらしくなく健康的なイメージになります。

 

 

カーキ色のノースリーブに合わせるチューブトップは、白だと変に目立ってしまいがちです。
そこに、差し色として黒をもってくることで、全体をキュッと引き締めてくれるので、バランス良くカジュアルにまとまります。

 

 

たっぷりとレースがあしらわれた存在感のあるチューブトップにも黒をプラスすることで、少女のような可愛らしい印象から、ほどよく大人らしさを演出することができます。
例えば、フリフリレースのチューブトップには、黒のカーデガンを合わせるとフェミニンに仕上がりますよ。

 

 

また、ストライプのチューブトップなど柄のあるものには、ロングカーディガンを合わせると、バランス良くおしゃれに仕上がります。
この場合、胸元がさみしい感じがするので、上品なネックレスを組み合わせるとグッと大人っぽくなります。

 

 

 

浴衣にも便利なチューブトップ

 

浴衣を着る時は、胸を強調しないように、胸と胴の間にタオルを詰めて、できるだけ平になるように調整します。
そのため、普段着けるワイヤーの入ったブラは、胸をより高く保てるようにできているので、浴衣には向いていません。
そこで、和装用のブラが用意されているのですが、チューブトップでも代用することができます。

 

 

特に、胸が大きい方は、浴衣をきれいに着ることができなくて、困ったことがあると思います。

 

浴衣や着物が最も似合うのは寸胴な体型なので、胸が大きいと、胸が帯の上に乗って太って見えたり、着崩れやすくなったりしてしまいます。
でも、浴衣に合った下着を着ることで、胸が大きい方でも美しく着られるので安心してください。

 

 

浴衣に合った下着とは、実は一番良いのが「ブラをしないこと」なのです。
しかし、ノーブラで外に出るのは、違和感があって不安で仕方ないと思います。
そこで、あったら良いのが和装用のブラで、これを着用すると浴衣や着物を着た時に、胸のラインが美しく整うようのです。
大きい胸の方は、つぶされた状態で痛そう、と思うかもしれませんが、最近の和装ブラはストレッチ素材を使用しているので、伸縮性があって苦しくなく、胸をきれいに補正してくれます。

 

 

ただ、「たまにしか浴衣は着ないから、わざわざ和装ブラを買うのはもったいない」という方も多いでしょう。
そんな方におすすめなのが、ブラ機能のあるチューブトップなのです。
チューブトップなら伸縮性も抜群ですし、胸もきれいな状態を維持します。
それに、浴衣を着るタイミングにチューブトップを買ったとしても、今後も、いろんなファッションで活躍するので、無駄になることはありませんよ。