チューブトップは毎日着用してはいけない

チューブトップは、おしゃれアイテムとしてさまざまなファッションコーデに役立ち、しかも、ブラ付きのものならとてもラクで、一度着たらずっと着ていたい機能性と着心地です。
しかし、ずっとチューブトップを着続けるのは、美しいバストを保つには“大敵”になるのです。

 

 

ブラ付きのチューブトップは、ブラを着用しなくてもバストを支える機能がありますが、やはり普通のブラよりもホールド力は弱いので、バストの形を崩してしまう可能性もあります。
女性の胸はほとんどが脂肪でできており、それを支えているのが「クーパー靭帯」です。
このクーパー靭帯は、胸が大きく動くことが多かったり、加齢であったりで、伸びたり切れてしまって胸が下に垂れてしまうのです。

 

 

チューブトップでは、ブラが付いていても胸を支える力が弱いので、胸が無防備に揺れて、クーパー靭帯に負担がかかってしまうのです。
そのため、毎日のようにチューブトップを着用していると、徐々にバストが下がったり左右に離れたり形が悪くなってしまいます。

 

 

また、チューブトップに付いているサイズは細かく設定されていませんし、アンダーバストを補正する機能もないので、バスト周りにある脂肪は脇や背中の方へ流れていってしまいます。
つまり、バストの形が悪くなるだけでなく、背中などに余分なお肉が付いてしまうことにもなるのです。

 

 

これらの悪い効果は、タンクトップやキャミソールにブラが付いた「ブラトップ」を毎日着用する場合も同じことが言えます。
そのため、チューブトップやブラトップは、コーデで必要な時に着用するくらいにして、普段はホールド力に優れたブラを着けるようにしましょう。