授乳の際に便利なチューブトップ

女性は赤ちゃんを出産すると、胸のサイズが出産前よりもかなり大きくなります。
そして、産前に使っていたブラではサイズが合わなくなったり、授乳するときに不便になったりします。
そのため、産後には、授乳しやすいブラが必要になるのです。

 

 

最近のマタニティ用のブラには、産後の授乳期も継続して使えるものが増えています。
しかし、「これまでのブラでも特に支障がないから」と、一般的なワイヤー入りのブラをそのまま着用している方もいます。
そうすると、ワイヤーが大切な乳腺を傷つけてしまったり、締め付けて母乳が作られなかったりする可能性もあるので、普通のブラを無理に着用するのはやめましょう。

 

 

授乳期には、サイズアップした胸を締め付けず、負担のかからないブラが必要ですが、授乳用のブラを用意しなくても良い方法もあります。
それは、柔らかいブラが付いたインナーやチューブトップです。
ブラ付きのインナーは、ワイヤーが入っておらず締め付け感もないですし、丈の長い物は、授乳中にお腹を冷やすこともありません。
それに、ホールド機能に優れたものを選べば、大きなバストもインナーだけで支えて美しく整えてくれます。
それに、おしゃれなデザインのものも多いので、インナーに上着をサッと羽織るだけで出かけられるのも、赤ちゃんのお世話をして忙しいママさんにピッタリです。

 

 

ブラ付きのインナーやチューブトップを授乳用に使用している人の口コミも多く、赤ちゃんが生まれたことがきっかけで購入して、その着け心地にハマり、授乳後もリピートしているママさんたちも多いようです。
授乳用のブラは、授乳期にしか使用できませんが、このようなインナーならずっと使えるのでおすすめです。